うつ病薬のデメリット

抗うつ薬の弊害とは?

心療内科や精神科で鬱病であること診断されると、薬を処方されることが普通だと思われます。一般的にいうと、抗うつ剤という薬です。抗うつ剤はパキシルやユーパンやアモキサンなどという名前の薬が製薬会社から、たくさん販売されています。それらの薬を飲めば、ある程度は効果を発揮します。気分が楽になったり、明るい気持ちになったりします。しかし、お薬なので副作用があります。喉が渇いたり、眩暈がしたりなど、副作用にはいろいろあります。重い副作用ともなると、肝機能障害などがあります。抗うつ剤の副作用は個人差がありますが、ほとんどの人に大なり小なり副作用が現れているようです。また、副作用の他にも離脱症状というものがあり、薬の量を減らしたり、服用を中止したりすると、禁断症状が現れます。長期服用により、薬は止めずらくなるのです。こうした抗うつ剤の弊害もあることから、うつ病になったときは、薬の服用は好ましくないと考えられています。下園壮太のプチ認知療法であれば、薬を使わないで鬱病を改善する方法になのでお勧めです。


撮影モードの解説