うつ病と不眠症の関係

いろいろある不眠症の治療法

不眠症には様々な症状があげられるのですが、治療法も様々なものがあり、症状に合わせたものから全般的に利用できる方法まであるのです。不眠症の症状にあわせるなら薬での治療があげられますし、原因にあわせるなら、まずその原因を取り除く治療がおこなわれます。

 

不眠症の治療は他に自己催眠療法というものもあり、自身で体内の神経をコントロールしながら入眠へと導く方法なのです不眠症の治療といえば、すぐに薬などといわれますが、薬を飲むことや漢方でさえも抵抗がある人にはこの自己催眠療法は最適なのです。

 

難しく考えなくても、ただ布団に入る事が幸せだと、ふかふかした布団の中に包まれるのが気持ちいいと思える様になるだけでも、自己催眠療法をしていることになり、ストレスから解放され睡眠へと導くことができるのです。

 

薬での治療ではなく、このような不眠症の自己催眠療法は二次併発を起こしてしまいがちな鬱病の予防にもなるのです。1日5分〜15分眠る前にこの自己催眠療法を行ってみると良いでしょう。長期的な治療法ですが、自律神経にも効果がみられ上手なストレスの排除もおこなうことができるのです。


撮影モードの解説