下園壮太の口コミ

認知行動療法による治療

認知行動療法とはパニック障害と診断された場合などに有効とされている治療法なのです。認知行動療法は投薬ばかりに頼る方法ではなく、自分自身でも治す意識がもてるのでパニック障害の治療方法として最適です。

 

パニック障害の発作は、次の発作を予期し、不安に陥ることが原因で起きる場合が多いため、その事を理解し自分で予期不安を抑える必要があるのです。こういった認知するという方法が治療には重要で、いままで回避してきた不安に上手に向き合いいかにその不安を受け流すことができるかによって、回復への期間も変わってくるのです。

 

認知行動療法は、発作が起きる原因を理解する認知療法と不安から回避しない行動療法とに分けられます。認知行動療法は患者にとっては、最初はつらく感じる治療方法ですが、重症化を防ぐこともでき、不安にも強くなれるのです。パニック障害だけでなくうつなどにも効果がある認知行動療法。
薬に頼り切っている人には是非挑戦していただきたい治療方法です。


撮影モードの解説