躁うつ病の症状と原因

躁うつ病について解説

躁うつ病は、古い言い方で、現在では「双極性障害」と呼ばれています。
強い憂うつ気分と、異常に気分の高揚した躁状態が交互に現れる病気です。
うつ病の一種と思われてましたが、実はちがう病気で、治療法などもちがいます。
うつ病と同じ「気分障害」の中に分類されています。

 

躁状態とうつ状態の現れる周期には個人差があり、
ずっとうつ病だと思われていたのに、何年も経ってから躁状態が現れたというケースもあります。

 

双極性障害の発症する原因は、まだよくわかっていない現状です。
ただ、神経細胞が他の人よりダメージを受けやすいのではないかと一般的な病理からは考えられています。
双極性障害は、躁状態が強い双極T型障害と、躁状態が軽い双極U型障害に区分されています。

 

「双極T型障害」は、家庭や仕事関係の人に多大な迷惑をかけ、人生に消せない傷を残してしまいかねないほどの
激しい「躁状態」で、入院が必要になるほどの障害です。
ほとんど眠らずに動き回って健康を崩したり、休む間もなくしゃべり続けたりします。
無茶な事業を始めたり、高額な買い物をして借金を作ったりします。

 

一方、「双極 II 型障害」はいつもより明らかに高揚していて、普段よりおしゃべりで、
寝てなくても調子はよく、仕事もむしろはかどるような、
自分も周囲の人たちも特には困らないくらいの「軽躁状態」のことをいいます。

 

T型のように借金をするほどではなくても、欲しい物を買いすぎたり、
ちょっとイライラしたり程度の問題は出てくるようです。

 

双極性障害は見過ごされがちな病気ですが、見過ごされる一番の理由は、
患者さん本人にとっては「躁状態」が「ちょうどよい状態」だと考えていることが多いからです。
双極性障害の人が具合が悪いと感じるのは、うつ状態の時です。

 

双極性障害のうつ状態は、うつ病と少し異なります。
睡眠障害が不眠のほか「過眠」という形で現れることがあり、眠くてたまらないとか、ずっと寝ているという症状が表れます。

 

そのまま放置していると、躁状態とうつ状態を何度も繰り返して、
そのうちに仕事上や社会的な損失、家庭や人間関係の破綻を引き起こしてしまいます。

 

治療法は、薬物療法が中心です。
症状の現れ方に応じて、躁状態のときは気分安定薬や抗精神病薬、
うつ状態のときには必要に応じて抗うつ薬や抗不安薬を使用します。

 

薬をつかってコントロールすれば、それまでと変わらない生活をおくることが十分に可能です。
しかし副作用が、ただのうつ病よりも出やすいようです。
症状と副作用の折り合いをつけながら治療を続けていくしかありません。
途中で薬をやめてしまう人が多いために、再発を繰り返すことも多い病気です。


撮影モードの解説