プチ認知療法とセロトニンの関係

セロトニン欠乏脳とは?

セロトニン欠乏脳とは、セロトニン神経が衰退することにより引き起こされるといわれています。それでは、セロトニン欠乏脳とは?どのような状態を示しているのでしょうか。これについて、うつ病、慢性疲労症候群、摂食障害、パニック障害、自閉症、キレやすい、乳児突然死症候群はセロトニンが衰退した状態といわれています。こうした状態になりたくない、もしかしたらセロトニン欠乏脳かもしれないという場合は、対策をしましょう。

 

セロトニン欠乏脳とは?この有効な対策としていわれているのは、まず太陽の光を浴びることです。30分ほど太陽の光を浴びるのがいいといわれていますが、あまり長く浴び過ぎるのは良くないといわれています。また、有酸素運動のウォーキングを毎日20分以上するのがいいという話もあります。ちなみに、運動は必ずウォーキングでなくてはいけないということはなく、ジョギングでも構いません。

 

それから、セロトニン欠乏脳の対策をするにあたり、食事も大切です。トリプトファンやビタミンB6を積極的に摂取するのがいいといわれていますので、場合によっては食事とサプリメントも併用して対策すると良いでしょう。


撮影モードの解説